祭りやぐらでイベントを盛り上げる【専門業者に全ておまかせ】

人気の高い水害対策

土のう

手軽に利用可能

高温多湿で一年を通して雨や雪が降る日本では、昔から多くの水害が発生してきました。さらに昨今では局地的な短時間の集中豪雨や、勢力が弱まらずに日本まで到達する台風の増加など、今まで水害の発生の頻度が少なかった地域でも、その危険性は高くなっています。そうした中で各所で様々な水害対策が講じられていますが、中でも人気の水害対策に土嚢袋があります。土嚢袋はいわゆる土嚢を作るために利用される植物や化学繊維製の袋の事を言います。水害だけでなく治水事業や、工事など、様々な場面で昔から活用されている土嚢袋ですが、人気なのにはちゃんとした理由があります。まず最も大きな理由が、最も低コストで出来る水害対策であるという点が挙げられます。公共事業レベルの大規模な水害対策には、河川に堤防を設置したり、ダムやため池を作ったりといったものがありますが、個人的に出来る水害対策は限られています。建物への浸水を防ぐ止水板がその代表格ですが、設置には決して安くない費用がかかります。その点土嚢袋なら、安いものだと10枚当たりで1000円程度と低価格ですし、止水板のように工事をする必要がありません。使用する際にはその辺りにある土を入れて、重ねて置くだけで防水壁が完成します。またシンプルな構造をしているので、用途に合わせた汎用性があるのも土嚢袋の人気の理由です。例えば防水壁を作る際に、壁の高さや厚さなどを、積み重ねる土嚢袋の数で調整できますし、地面の凹凸や傾斜などに合わせて形を変えるのも容易です。水害が発生する時は想定外の事態が発生する可能性も高く、そうした場合に場所や状況に関わらず臨機応変に対応できる土嚢袋は、各所に是非備蓄しておきたい優れた水害対策グッズなのです。

Copyright© 2018 祭りやぐらでイベントを盛り上げる【専門業者に全ておまかせ】 All Rights Reserved.