祭りやぐらでイベントを盛り上げる【専門業者に全ておまかせ】

レンタルしてみよう

やぐら

費用を確認する

祭りやぐらは設営に時間がかかったり、費用がかかったりすると言われています。毎年のように決まった時期に利用するのなら購入し、保管しておくのもいいかもしれません。しかし、保管のスペースが必要になります。それに定期的に利用しないというのなら購入すると費用がかかってしまうことでしょう。そこでおすすめなのが必要な時だけ利用できるレンタルです。祭りやぐらをレンタルしている専門の業者があるのです。インターネットで調べてみましょう。また、この手の業者は祭りやぐらを貸し出してくれるだけではなく、設営までしてくれることがあります。これなら素人が見様見真似で設置する危険も手間もかかりません。専門業者に全ておまかせしてしまった方が効率的と言えるでしょう。もちろん、レンタルにしても費用がかかります。設置までお願いするのなら、そこまでしっかり予算を決めて比較しましょう。また、祭りやぐらにはサイズがいろいろあります。盆踊りなどで必要になることもあるでしょう。あまり大きなものではなくてもいいという場合もあります。当然、サイズが小さければ小さいほど手頃な価格です。見積もりを取ってみましょう。それから、祭りやぐらだけを借りても盛大な雰囲気にはなりません。合わせて祭り提灯や紅白幕、ハッピ、太鼓といったものもレンタルしている業者を利用すると便利です。トータルでどのくらいの費用がかかるのかというと、小規模なものなら20万円前後でも可能です。

土のう

人気の高い水害対策

様々な水害対策がなる中で、今も人気が高いのが土嚢袋です。非常に低価格で導入できるうえに設置に特別な工事が要らず、さらにシンプルな分汎用性が高く使い道が豊富であるなど、メリットが豊富な事も人気の理由となっています。

詳しく見る

観客席

業者選びのポイントは

観客席がない場合や席数が足りない場合などは、仮設を利用することになります。仮設観客席といってもさまざまな種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあるため、利用するさいには業者選びや仮設観客席の種類などに注意する必要があります。

詳しく見る

窓

購入時のコツについて

特殊効果のあるフィルムは新規製品開発時には欠かせないものです。pdlcフィルムを活用することでより性能の高いものができる可能性があります。とはいえ、pdlcフィルム購入時にはしっかりと資料請求し製品について知ることが大事です。

詳しく見る

やぐら

設置の際の留意事項

お祭りに必要不可欠な祭りやぐらですが、設置については慎重に行いましょう。地面は事前に平らに均して地面の強度も確認し、設置作業には人数を多めに確保して、随時安全をチェックしながら行います。また作業前には資材が揃っているのか確認し、手順もしっかり把握してください。

詳しく見る

土のう

知っておきたい保管方法

災害時の防水目的で土嚢袋を導入する場合、すでに使える状態にして保管するのが望ましいとされます。仮に保管場所が無い場合は、事前に土嚢袋を作る訓練を重ねておきましょう。また土嚢袋の中身は砂が好ましく、袋の半分程度を目安に充填しておくと扱いやすくなります。事前準備する際はこれを目安にしましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 祭りやぐらでイベントを盛り上げる【専門業者に全ておまかせ】 All Rights Reserved.